知っていると違うぞ、いける包茎といけない包茎の違い!

包茎にはいろいろな種類がある!

包茎にはいろいろな種類があるが、大きく分けて2種類に分けられる。一つは、仮性包茎で、勃起時などのには皮が剥けるために、エッチもできるし問題なし、もう一つは、真性包茎で、これは常に皮が被っていて自分でも剥けなくエッチは不可能です。この場合は、余分な皮を切除する手術を受けなければだめです。手術は、入院の必要が無い程度の簡単な手術ですが、術後は1か月ぐらいは、亀頭部分が衣類などに擦れていたいためにエッチは難しいようです。

仮性包茎だからといって安心は禁物!

仮性包茎の場合は、多くは自分で皮を剥くことはできるし、勃起時にも亀頭部分が出ているのでエッチはできます。しかし、色々と注意が必要です。仮性包茎の場合でも、皮が完全に剥けなければエッチはできないので手術が必要です。皮が完全に剥けたとしても、エッチの時には、余った皮が、挿入時に巻き込んだりしないように注意が必要だったり、通常は皮が被った状態なので、亀頭部分が尿素により匂うことがあります。常にきれいに保つなどの注意が必要です。

とりあえず仮性包茎であれば自信を持て!

統計によると日本人の多くは、仮性包茎と言われているのが現状です。そのため男性が思うほど女性も仮性包茎であれば、気にしてはいないのが現状です。仮性包茎だからとって恥ずかしがることなく堂々としていても問題ありませんし、手術を必ず受けることもありません。ただし、相手を思う気持ちをしっかりともって常に清潔にしていることは心がけましょう!そうでないと気持ちいいエッチは、お互いにできません。お互いに思いやることが一番重要です。

包茎手術の費用は5万円から8万円程かかります。時間は30分程で終了します。当日からシャワーを使用できます。