なんとなく気が重い!?もしかしてうつ病かも

会社の環境の変化と社員の気持ち

昔は会社では年功序列や終身雇用制というものがあり、その制度のもとで頑張って仕事をしていた人が多かったんですよね。我慢すれば昇進できるし、定年まで働くことができるとあって、上司からがみがみと叱責を受けても我慢しているということが当たり前だったのです。しかしそれらの制度が崩壊して、また転職が当たり前のような働き方になった現在では、嫌なことがあれば会社をすぐに辞めてしまうという人が多くなり、精神的に弱くなる傾向にあります。

社員が頑張りすぎてなってしまう

そのような職場環境にあっても頑張る人も多く、そのような人の中には頑張るあまり精神的に不安定になったり、不眠症になったりする人も出てきているんですね。また最近の上司も部下の使い方を知らない人が多く、また企業自体もブラック企業といわれるような労働基準法を逸脱している企業もあり、過労により体調不良になる人も多くなっています。そのような人たちの症状として不眠症だったり、気力がわかないといった症状だったりして、心療内科で診療を受けると多くの人がうつ病になっていたりします。

うつ病の発生と会社の対応

またそのようなうつ病が社会的にも大きく取り上げられると、自分も該当するのではないか、自分はうつ病ではないのだろうかと考える人も出てきて、心療内科に行って診察を受ける人も多くなっています。中には仮面うつ病のような人もいますが、そのような病気を発症したことで会社を休職して休む人も多くの企業で発生しています。企業によってはメンタルヘルスについて積極的に取り組んでいるところもあり、上司が部下の変化を察知して面談を受けさせたりしています。

うつの病の症状には、精神的症状と身体的症状があります。精神的症状としては、憂うつな気分・興味の低下・不安の増大等があります。身体的症状としては、睡眠障害・摂食障害・疲労感等があります。